京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

塗料の耐候形って何?京都で外壁塗装するなら

みなさんは、外壁塗装で用いられる塗料によく見られる「耐候形」とは何かご存じでしょうか。

「耐候性」とは塗料、プラスチックなどの工業製品を屋外で使用した場合、自然環境に耐えうる性質のことです。
外壁の塗料は、一度塗ると長い期間塗り直しません。
そのため、しっかりと知識を得て塗料を選び、「もう少し耐候性の高い塗料を選んでおけばよかった」と、後悔のないようにしていきたいものですよね。
では、「耐候形」とは何なのでしょうか。
そこで今回は、「耐候形とは何なのか」についてご紹介いたします。


□耐候形とは
促進耐候性試験という塗料の性能を試す試験があり、それをすることで塗料の耐候性の程度を表す指標を表しています。
それが、耐候形1種、2種、3種というものです。
最も高い種別である耐候形1種の場合は、「照射時間2500時間(10年相当)経過後、著しい塗膜異常がなく光沢維持率80%を維持するもの」としてその性能を保証しています。
この種別に該当する塗料は、フッ素塗料やシリコン塗料などという、一般的に長持ちしやすいとされているものです。
単に耐用年数が〇年と表示されるのではなく、耐候性を測るテストをした上でその具体的にその性能がわかるというのは、信頼ができ、塗料選びがしやすいものになるのではないでしょうか。

では、なぜこのような基準をもって塗料の性能を評価する必要があったのでしょうか。


□促進耐候性試験ができた経緯
そもそもこのような試験をすることで塗料を評価する必要が生じたのは、技術の発達に従って屋外暴露による耐候性評価に長時間を要する試料が多く出てきたからなのです。
促進耐候性試験機は、それらの試料を迅速に評価することができ、約100年前から行われています。
屋外において塗料を劣化させる要因になるものは、光、熱、水、オゾン、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)などの活性ガス、ちり、ほこりなど多くありますよね。
このうち、紫外放射、熱、水による影響を試料に過剰に与えることにより屋外暴露に比べ数倍から100倍といった促進倍率で試料の耐候性の評価を行う、というものです。


□おわりに
以上、耐候形とは何なのかについて紹介いたしました。
塗料を選ぶときによく目にする耐候形という言葉には、ある基準を満たした性能を保証するという意味合いがあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
特に耐候形1種では、約10年もの間耐久できるとされています。
これから外壁塗装を業者に依頼することをお考えの方は、塗料を選ぶ際にその耐候形を参考にしてみてはいかがでしょうか。
外壁塗装のことなら、ぜひ一度有限会社京大塗装工芸にご相談ください。
最新記事
日本の塗料メーカーごとの特徴とは?|京都で外壁塗装するなら
外壁塗装の業者選びの注意点|京都で外壁塗装するなら
塗料の色選びの注意点とは?|京都で外壁塗装するなら
木目の防腐加工に適している塗料は?|京都で外壁塗装するなら
下塗り材はなぜ重要?その種類をご紹介|京都で外壁塗装するなら
塗料の耐候形って何?京都で外壁塗装するなら
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ