京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都の外壁塗装業者が教える!塗料の色選びの注意点について

住宅の外壁塗装を行うにあたって、色選びに迷われてはいないでしょうか?
住宅の色は住宅のビジュアルに大きな影響をおよぼします。

そこで今回は京都の塗装のプロが、塗料の色選びの注意点やポイントについてお伝えします。

□色が与えるイメージについて
色は視覚情報のなかでも、重要性の高い分類に入ります。
色は重さを表現することもあり、黒は重厚感を、逆に白に近くにつれて軽い印象を与えることもあります。

塗装によっては1色だけではなく、住宅の下部と上部で異なった色を配色することもあります。
この場合、下に行くほど暗い色を用いれば、安定感のあるどっしりとした印象になります。
基本的に住宅には、飽きないナチュラルなカラーを使うのが一般的です。

□景観と合った塗装
建物が景観に与える影響は非常に大きく、個人の住宅であっても自分の好みだけではなく、周りの環境に配慮した住宅作りが、色彩の面で非常に大切になってきます。
景観条例で建物に使用できる色を制限している地域もあるくらいなので、周りと調和する塗装を意識するようにしましょう。

実際奇抜な色を使用してトラブルになったケースもあります。
このようなトラブルを引き起こさないためにも、自分の好みや個性も尊重しつつ周囲との調和も大切にする必要があります。

□見積もり時に好みの色があるか
見積もり時にみなさん好みの色があるかを見ておきましょう。
塗料は質で選ぶことはもちろん大切ですが、色にもこだわりたいですよね。

質や値段が満足いくものでも、好みの色がなければ妥協してしまうことになります。
担当者に相談すれば、みなさんのご要望にも応えられる場合もあるので、一度ご相談して下さい。

ただしここで注意が必要なのが、見本で見る色と実際の色が異なる可能性があるということです。
色見本は小さいサイズですが、実際外壁にはかなりの面積を塗ることになります。
人の目の性質上、小さいサイズだと薄く暗く見える傾向があります。

色見本でちょうど良いと選んでも、実際塗って見たら色が濃すぎた、明るすぎた、という事態も発生し兼ねません。
そのため、希望の色より少し薄めで落ち着いた色を選ぶのもコツと言えます。

また、光の色や強さが室内と屋外では異なるため、色の見え方が異なります。
屋外でどのような色の見え方がされるかも意識しておく必要があります。

□まとめ
住宅の色選びは楽しみながらも、いくつかの注意点を考慮しながら行うようにしましょう。
最新記事
日本の塗料メーカーごとの特徴とは?|京都で外壁塗装するなら
外壁塗装の業者選びの注意点|京都で外壁塗装するなら
塗料の色選びの注意点とは?|京都で外壁塗装するなら
木目の防腐加工に適している塗料は?|京都で外壁塗装するなら
下塗り材はなぜ重要?その種類をご紹介|京都で外壁塗装するなら
塗料の耐候形って何?京都で外壁塗装するなら
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ