京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都|外壁塗装の適切なタイミングって?サインにはなにがあるの?

外壁塗装のタイミングって難しいですよね。
一般的には10年に1回塗り直すのが良いと言われていますが、塗装工事の出来映えや壁の傷み具合によって適切なタイミングは変わるものです。
もうすぐ10年経つけどまだ外壁塗装しなくてもいいのではないかと思っている方もいるかと思います。

では、どのようなサインが住宅から出た時に外壁塗装すると良いのでしょうか。
また、外壁塗装に適した季節はあるのでしょうか。
この記事では、外壁塗装するのが良い5つのタイミングをご紹介いたします。

□タイミング1:チョーキング現象が起きたとき
壁を触った時に白い粉が手についたならチョーキング現象が起こっています。

チョーキング現象は壁が日光や風雨にさらされて、塗料表層部の耐久性が失われていることを示しています。
とはいえ、表層より深いところには健全な塗膜が残されているので、たっぷりの塗料で塗り直す必要はありません。
チョーキング現象がおこったら、適切な塗布量の塗料を再塗装しましょう。

□タイミング2:クラックがあるとき
クラックとは、壁に見られるひび割れのことを指します。
クラックの部分から雨が侵入するとカビの原因となり建物が劣化してしまうので早急な対処が必要です。

特に、クラックの幅が0.3mmを超えていたり、表面の塗装だけでなく壁までクラックが達していたりする場合は、壁が深刻なダメージを受けている可能性が高いです。

□外壁の汚れや色褪せが気になったとき
見栄えが悪くなってきたら外壁塗装のタイミングかもしれません。
外壁塗装をすると、汚れが隠れて新品同様の外壁を取り戻せます。

また、色褪せしている場合は、塗膜が剥がれて、わずかながら耐久性を失っている可能性があるので、早めに専門家に相談することをオススメします。

□タイミング4:築10年になったとき
はじめに築10年が一般的な目安と言ったのは、多くの外壁塗装の防水性能が7年ほどで切れてしまい、10年前後で様々な傷みが出てくるからです。
もし気になる箇所がない場合も、築10年を超えた時点で外壁を一度点検すると良いでしょう。

□タイミング5:外壁塗装に適した季節が来たとき
外壁塗装には好ましい時期があります。
窓を開けないと暑い夏や、積雪や日照時間の短さで工期が長引く冬を避けて春や秋に外壁塗装をする方が多いです。

また年末年始やお盆の前も人気ですが、できるだけ湿度が低く天気が安定している時期に工事をすると塗料が乾きやすいのでオススメです。
ただ、あなた自身の都合と、外壁塗装業者の腕次第では、他の季節にも問題なく塗装ができます。

□まとめ
ここまで外壁塗装の適切なタイミングと適している季節についてご説明いたしました。
外壁塗装をした方が良い時期になると様々なサインが出てくるので、異変を感じたらすぐに外壁塗装をすると良いでしょう。

また10年を超えたり色褪せが気になったりした場合も早め早めに外壁塗装をすることがオススメです。
こまめに壁の状態をチェックして適切なタイミングで外壁塗装ができると良いですね。
最新記事
ガイナ塗料の特徴って?京都で外壁塗装をお考えの方に!
京都で外壁塗装をする?シリコン塗装の特徴について解説します!
京都で外壁塗装をお悩みの方必見!フッ素塗料の特徴とは?
スタッコ仕上げとリシン仕上げの違いを京都の外壁塗装業者が解説します!
京都の外壁塗装業社がスタッコ仕上げとはなにかについて説明!
外壁塗装の仕上げ工法の種類を京都の業者が紹介!
アーカイブ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他