京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都で外壁塗装するなら知っておくべき下塗り材の重要性と種類

外壁塗装しようと考えている方の中には、下塗り材を使う理由がわからない方も多いかもしれません。
下塗りとは外壁塗装の工程の1つで、その作業の際に壁に塗られる塗料のことを下塗り材と言います。

下塗り材は上塗り材によって隠されるので、外観上メインとなるのは上塗りされた塗料ですが、実は下塗りがとても大きな役割を果たしています。
今回はそんな下塗り材の種類と重要性についてご説明いたします。

□下塗り材の種類

*1.シーラー
劣化が進んだ外壁に塗装をすると、すぐに外壁が上塗り材を吸収してしまい、上塗り材が本来の性能を発揮できない場合があります。
シーラーを、上塗り材を塗る前に塗っておくと、上塗り材が壁に浸透することを防げるので、塗装が長持ちします。

*2.プライマー
プライマーはシーラーと似ていて、同一視されることもしばしばあります。
鉄の部分に塗って上塗り材が馴染みやすくなるようにするためによく使われます。

*3.フィラー
フィラーはひび割れをしている壁に塗って、壁の傷みを隠すために使われます。
ただ密着性はプライマーやシーラーの方があるので、傷んだ壁にはフィラーとシーラーを両方使うこともあります。

□下塗り材の重要性
では下塗り材はなぜ重要なのでしょうか。

*1.耐久性を保つ
下塗り材を塗らなかったり手を抜いたりするとすぐに上塗り材が剥がれてしまい、色落ちしてしまいます。
壁と上塗り材の相性が悪い場合や壁が劣化してしまっている場合には特に色落ちが起こりやすいので、しっかり上塗り材が長持ちするためには下塗り材が欠かせないのです。

*2.壁に上塗り材が浸透するのを防ぐ
壁が傷んでいたり塗料が剥がれたばかりの状態だったりすると、壁は塗料を吸収しやすくなります。
そうすると、色むらができて見栄えが悪くなるだけでなく、上塗り材をたくさん使ってしまい値段が高くなってしまう可能性もあります。
下塗りをしっかりと行うことで、上塗り材の浸透を防げるのです。

□まとめ
ここまで下塗り材の種類と下塗りの重要性についてご説明いたしました。

下塗り材をいい加減にしてしまうと、そのときは気づかなくても後から後悔することになりかねません。
下塗りで手を抜くことで経費を削減している業者もいるので、信頼できる業者に頼むことが大事だと言えるでしょう。
また、どれだけ壁と上塗り塗料に相性の良い塗料を選べるのかも塗装業者の腕と知識にかかっています。

京大塗装工芸では、確かな腕と知識を持った職人が下塗り作業も手を抜かずに真摯に行っています。
外壁塗装をお考えの方は、ぜひ京大塗装工芸にお任せください。
最新記事
弾性塗料の特徴とは?京都で外壁塗装するなら必見。
ガイナ塗料の特徴って?京都で外壁塗装をお考えの方に!
京都で外壁塗装をする?シリコン塗装の特徴について解説します!
京都で外壁塗装をお悩みの方必見!フッ素塗料の特徴とは?
スタッコ仕上げとリシン仕上げの違いを京都の外壁塗装業者が解説します!
京都の外壁塗装業社がスタッコ仕上げとはなにかについて説明!
アーカイブ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他