京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

木目を腐らせない防腐性を高める塗装処理を解説|京都で外壁塗装

木造住宅にお住まいの方にとって、メンテナンスの際に、最も悩む点は外壁塗装ではないでしょうか。
木は人にあたたかみを伝える材料でありますが、気候に左右されるためメンテナンスの難しい材料でもあります。
そのため、木造住宅の外壁塗装では木を腐らせにくくする塗装を行う必要があります。

しかし、塗料によっては木を腐らせてしまう場合もあります。
そこで、今回は木を腐らせない塗装の防腐処理について木材の特徴と共にご説明いたします。

○木材の特徴
まず、木の特徴を知っておきましょう。
木の特徴を知ることで、メンテナンスの大切さを知ることが重要です。
木は家にぬくもりを醸し出すことができますが、メンテナンスの面では非常に面倒がかかります。
木は腐りやすく、塗装も長持ちしにくいです。これは木の「調湿作用」がはたらくためです。

木は生き物ですから、木材の状態でも呼吸を行います。
木は湿度が高いと湿度を吸い取り、湿度が低くなると湿度をはき出します。
このはたらきを調湿作用と呼びます。

この作用のメリットとして、自動的に家の湿度を調節してくれます。
しかし、塗装の面ではこの調湿作用が邪魔になります。
調湿作用による木の膨張と収縮の動きによって、ひび割れが起きやすくなるためです。

このように、木材の塗装は効果を維持することが難しいのです。
何度も塗装することで木が傷み、腐りやすくなってしまいます。

○木材の防腐処理に適した塗装
木材の防腐処理に適した塗装には、木目を生かす浸透タイプと木目を消してしまう造膜タイプに分けられます。

・浸透タイプ
浸透タイプでは、木目の美しさを保ち、木のぬくもりを感じやすい仕上がりにすることができます。
ただし、木の表面に保護膜が作られないため、耐久性が低いことが最大のデメリットです。
2~3年で補修が必要となり、こまめなメンテナンスが必要となります。

・造膜タイプ
造膜タイプは木の表面に保護膜を作る塗料で高い撥水性や防腐性、耐久性を持っています。
耐候性という屋外で使用する際に劣化や変色を起こしにくいという性質があります。
この耐候性の観点から、造膜タイプの塗装は腐りにくく、浸透タイプより優れていると言えるでしょう。
しかし、造膜タイプは表面に保護膜を作るため、木の質感を失うことになります。

○さいごに
木は家にぬくもりを演出する素晴らしさを持つ一方、生き物であるが故にメンテナンスに気をつける必要があります。
木の塗装での最大の失敗は木が腐ってしまうことです。
耐久性が高い塗装を選び、美しい外壁を保ち続けましょう。

弊社ではお客様のご要望似合わせた、木材への塗装を行っております。
外壁塗装でお困りの方は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
最新記事
ガイナ塗料の特徴って?京都で外壁塗装をお考えの方に!
京都で外壁塗装をする?シリコン塗装の特徴について解説します!
京都で外壁塗装をお悩みの方必見!フッ素塗料の特徴とは?
スタッコ仕上げとリシン仕上げの違いを京都の外壁塗装業者が解説します!
京都の外壁塗装業社がスタッコ仕上げとはなにかについて説明!
外壁塗装の仕上げ工法の種類を京都の業者が紹介!
アーカイブ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他