京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

塗装の下塗り材の種類とその重要性を徹底解説!|京都で外壁塗装

外壁塗装では単に塗料を塗るだけではなく、複数の工程があります。

どのような塗料にするにしても、下塗りがしっかり施されていなければ、すぐに剥がれしまうかもしれないということをご存知ですか?
下塗り材は出来映えや機能性を高める上で、非常に重要な役割を果たすのです。

そこで、今回は外壁塗装における下塗り材の種類とその重要性について詳しく解説いたします。

○そもそも下塗り材って?
下塗り材とは、どの塗装面においても最初に塗る塗材のことです。
下塗りはその後の工程における塗装面を整えるために必要な工程です。
下塗り材には大きくシーラー、プライマー、フィラーの3つに分けられます。

次に、それぞれの下塗り材について説明します。

○下塗り材の種類

・シーラー
シーラーとは下塗り以降の工程で使われる塗料が下地にしみこまれるのを防ぐ役割を持っています。
また、下地と塗料の密着性を高める性質も持っています。
ひび割れを補修するクラックという作業がない場合、シーラーがよく使われます。

・プライマー
プライマーはシーラーと同じような機能を持っています。
プライマーは主に鉄部に塗られます。
次の工程での塗料が鉄部においてうまく付着するのを助ける性質を持っているためです。

・フィラー
外壁に細かい凹凸や亀裂があるときに、塗装面を平坦にするためにフィラーが選ばれます。
フィラーは水性タイプしかありませんが、厚みがあるため高い補強効果を持っています。

○下塗り材の重要性
冒頭でお話ししたように、下塗り材は外壁塗装において非常に重要な役割を果たします。
ずばり下塗り材の最大のメリットは耐久性を高めることにあります。
痛んでいる外壁に下塗りをせず、そのまま塗料を塗ってしまうと塗料が壁面に吸い込まれてしまいます。
これは色ムラの原因になり、仕上がりに大きく影響します。

下塗りをすることで、その後の工程で使う塗料の壁との密着性を高め、仕上がりが美しく剥がれにくい、耐久性の高い塗装を実現することができるのです。
せっかく高いお金を払って塗りかえるのですから、仕上がりが美しく、長期にわたってその美しさを保つ外壁塗装をしてくれる塗装業者に頼みたいですよね。

外壁塗装を行う際には、下塗りをしっかり行っている塗装業者を選びましょう。
下塗りを1回だけではなく、2回3回と複数回念入りに行う塗装業者もあります。
塗装業者はしっかりと調べて、それぞれ詳しく相談して検討することをおすすめします。

○さいごに
外壁塗装における下塗りの重要性がおわかりいただけたでしょうか。
下塗り材の種類を細かく知る必要はありませんが、下塗り材の重要性についてはしっかりと認識しておいてください。
下塗りは塗装が完成すると目には見えませんが、塗装の裏側から外壁を支えているのです。

また、弊社ではこの下塗りの工程をとくに重要視しております。
私たちは責任と誇りを持って、お客様の建物の美しさと耐久性を保つ塗装を保証いたします。
外壁塗装でお悩みの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。
最新記事
ガイナ塗料の特徴って?京都で外壁塗装をお考えの方に!
京都で外壁塗装をする?シリコン塗装の特徴について解説します!
京都で外壁塗装をお悩みの方必見!フッ素塗料の特徴とは?
スタッコ仕上げとリシン仕上げの違いを京都の外壁塗装業者が解説します!
京都の外壁塗装業社がスタッコ仕上げとはなにかについて説明!
外壁塗装の仕上げ工法の種類を京都の業者が紹介!
アーカイブ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他