京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都で外壁塗装したい!下塗り材の重要性と種類、教えます!

「家や倉庫の外壁塗装が剥がれてきているなぁ…。塗装業者に頼まなきゃ…。」
家や倉庫の外壁塗装が剥がれてしまうと、その建物が実際の築年数以上に古く見えてしまいますから、なるべく早く塗装し直したいものです。

けれど、一般の方は外壁塗装に関して、知識を持っていないことの方が多いでしょう。
そのため塗装業者に任せっきりになってしまうわけですが、家は依頼者本人がこれからも住み続けるものですし、「少しくらいは外壁塗装に関する知識を持っておいたほうが良いよな…。」とお思いの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、外壁塗装のなかでも「下塗り材」の種類と重要性についてみていきたいと思います。

○そもそも下塗り材って?
下塗り材とは、下地と上塗り材の間に塗るもので、下地や上塗り塗料によって使い分けます。
外壁塗装には下塗り材が不可欠です。

○下塗り材の種類
下塗り材の種類は、大きく三つあります。

・フィーラー…下地と塗料を密着させるための接着剤の役割と、塗料の吸い込みを抑える役割をします。厚みがあるため、ヒビを埋めるのに最適です。

・シーラー…フィーラーと同様、下地と塗料を密着させるための接着剤の役割と、塗料の吸い込みを抑える役割をします。

・プライマー…下地と塗料を密着させる役割があります。鉄鋼部分にも使われます。

○下塗り材の重要性
下塗り作業の目的は、下地を塗装面に密着させ、上塗り塗料をきれいに仕上げることです。
下塗り作業をしっかりしないと、塗料をきれいに密着させられず、仕上がりが汚くなってしまうのです。

ここで、もう一度下塗り材の役割・重要性についてみていきましょう。

・「接着剤の役割」
下地と塗装面をしっかり密着させるはたらきがあります。

・「ムラ防止」
上塗り塗料が外壁にしみ込むことに事によって、仕上がりにムラが出ることを防ぎます。

・「古い塗料が新しく塗った塗料の色を変化させないようにする」
例えば、昔塗っていた古い塗料が濃い色だった場合、新しい塗料として薄い色を塗ろうとすると新しい色が古い塗料によって変色してしまうことがあります。このような現象を防ぐのが下塗り材なのです。


下塗り材は、塗装が完了してしまえば完全に見えなくなってしまう部分ですが、下塗り材の果たす役割はとても大きいものです。
そのため、下塗りの段階から丁寧な仕事にこだわっている業者が、良い塗装業者ともいえるかもしれません。
外壁塗装を業者に依頼する際には、そのような点にも注目してみてください。
京大塗装工芸では、このような下塗りを重点的に行っております。外壁塗装をご検討中の方はお気軽にご相談ください。

有限会社 京大塗装工芸
最新記事
京都周辺で外壁塗装を行う方必見!塗料の耐候形について
京都の外壁塗装業者が教える!塗料の色選びの注意点について
業者選びの注意点!京都の外壁塗装のプロが教えます
日本の塗料メーカーの特徴とは|京都の外壁塗装屋が解説
サンシャインウェザーメーターとは?|京都の外壁塗装
長持ちする塗料の種類を知りたい!京都で外壁塗装業者が伝授します
アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ