京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都で外壁塗装するなら、促進耐候性試験とは何か知っておこう!

外壁塗装をお考えのみなさん、「耐候性」という言葉をご存知でしょうか。
これは、天候の変化に対して塗料の色つやがどれくらい保てるのか(耐久性能)をグレード別に1種、2種、3種に分類したものです。
耐候性をグレード分類する際には、塗料の耐久性能を試す、「促進耐候性能試験」が行われます。

今回は、そんな促進耐候性能試験についてみなさんにお話ししたいと思います。

■促進耐候性能試験を知って、外壁塗装の知識を深めよう!

○そもそも「促進耐候性能試験」って何だ?
冒頭でも少しお伝えしましたが、建物を取り巻く外的要因を人為的に与え劣化させていくことで、塗料の耐久性能を試す試験です。
具体的には、人口の光源による照射を行いながら、温度、相対湿度および照射エネルギーの変化を含んだ周期的な条件下で行われる試験のことです。
使用される光源によって、キセノンアークランプ式、オープンフレームカーボンアークランプ式など、名称が異なります。

○促進耐候性能試験の目的とは?
この試験によって、塗料がどれくらい持ちこたえられるのかが分かります。
それにより、製品の品質や劣化の傾向を評価することはもちろん、実際に屋外で使用する際の材料選びの参考にすることもできます。
そしてこれらは、促進耐候性能試験を行う目的であるとも言えます。

○促進耐候性能試験の注意点
ただし、これらの試験を行うことで得られる結果は、屋外でのすべての劣化に対する評価ではありません。
たとえば、変色、光沢の変化、クラックの発生など、外壁の表面の劣化に対する強度、もしくは内部の変化も含めた強度であるかは、その試験が何を焦点に行っているかで多少異なります。
そのため、耐候性を基準にして塗料を選ぶ際にも、促進耐候性能試験が、どのような劣化に耐えうるか実験したものかを確かめる必要があるかもしれません。

○耐候形別の耐久性能とは
耐久性の高いものから順に1種、2種、3種と分類されています。

・耐候形1種
照射時間2500時間(10年程度)でも割れ、剥がれ、膨れがなく、光沢保持率が80%のものです。
このグレードにあたるのは、フッ素樹脂塗料、シリコン樹脂塗料です。

・耐候形2種
照射時間1200時間(5年程度)でも割れ、剥がれ、膨れがなく、光沢保持率が80%のレベルのものです。
このグレードの塗料として、ウレタン樹脂塗料があります。

・耐候形3種
照射時間600時間(3年程度)でも割れ、剥がれ、膨れがなく、光沢保持率が80%のレベルのものです。
アクリル樹脂塗料がこのグレードにあたります。


今回は促進耐候性試験についてお話ししてきました。
外壁塗装をご検討中のみなさんの助けになれば幸いです。
また、何かわからないことがあれば、ホームページよりお気軽にご相談くださいませ。
最新記事
京都周辺で外壁塗装を行う方必見!塗料の耐候形について
京都の外壁塗装業者が教える!塗料の色選びの注意点について
業者選びの注意点!京都の外壁塗装のプロが教えます
日本の塗料メーカーの特徴とは|京都の外壁塗装屋が解説
サンシャインウェザーメーターとは?|京都の外壁塗装
長持ちする塗料の種類を知りたい!京都で外壁塗装業者が伝授します
アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ