京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

京都で外壁塗装を考えている方に!下塗り材の重要性と種類について

外壁塗装の工事には、約10日前後必要になります。

その中でもメインとなる工程が、塗装工程ではないでしょうか。

本来の外壁の機能性を取り戻すために行う外壁塗装工事です。

せっかくの時間とお金、労力を費やすので、失敗したくはないですよね。

今回は塗装工程の中でも特に重要な、下塗りについてご説明します。


●下塗りとは

塗装の工程の中には3回の塗り分けが必要であるということをご存知でしょうか。

その中で1回目の塗装のことを、下塗りと言います。

そもそもなぜ塗装に3回の塗り分けが必要であるのでしょうか。

それは、塗料をそのまま直接外壁に塗った場合では、すぐに剥がれてしまうので、外壁と塗料を密着させるための中間材が必要になるのです。

最終に塗る塗料の効果を発揮させるため、中間材としてまず下塗り材を使用します。

下塗りを終えた後は、本来の塗料の色合いやツヤが十分に発揮できるように、2回に分けて塗料を塗って仕上げます。

仕上げには、別種の塗料を塗るとき(このとき、順番に中塗り・上塗りと呼ぶ)もあれば、耐久性を高めるために同じ塗料を2度塗る(このとき、順番に上塗り1回目・上塗り2回目と呼ぶ)もあります(簡略化のため、以下では同種の塗料であっても中塗り・上塗りと表記します)。


●下塗りに時間を割く重要性

下塗りが重要なのは、この中塗り・上塗りを行う際に使用する仕上げ材の効果が最大限に発揮できるよう、密着性を高めてくれるからです。

下塗りをしっかり行わないと、塗り重ねる塗料が短期間で剥がれ落ちてしまうため、せっかく費やした費用や時間が無駄になってしまいます。

また、塗装の塗分けを行う際には、下部の塗料が十分に乾燥させてから行う必要があります。

十分に乾燥されないと、下部の塗料と上塗りする塗料が混ざってしまい、機能性が失われるからです。そのため、下塗りの後に十分時間をおいてから仕上げ塗りをしなければなりません。

下塗り材には以下に示すように、様々な種類の塗材があります。

・シーラー

・バインダー

・プライマー

・フィラー

・サーフェイサー

それぞれ特徴や機能性、価格が異なります。

そのため、使用する際には業者との説明を聞きながら、十分に検討して選択を行いましょう。


〇最後に

今回は、外壁塗装工事の際の3回の塗り分けについて、特に重要になる「下塗り」をご説明しました。

塗装工程の中での基礎となる下塗りは、その丁寧な作業を怠ると、すべての工事が台無しになってしまうと言っても過言ではありません。

有限会社京大塗装工芸は、京都を中心とした関西地方での外壁塗装業者です。

弊社は、下塗りを特に重要視しているため、塗料の機能性の効果を最大限に発揮させます。

関西で塗装をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


最新記事
日本の塗料メーカーごとの特徴とは?|京都で外壁塗装するなら
外壁塗装の業者選びの注意点|京都で外壁塗装するなら
塗料の色選びの注意点とは?|京都で外壁塗装するなら
木目の防腐加工に適している塗料は?|京都で外壁塗装するなら
下塗り材はなぜ重要?その種類をご紹介|京都で外壁塗装するなら
塗料の耐候形って何?京都で外壁塗装するなら
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ