京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

外壁塗装が長持ちする塗料の種類とは?京都の外壁塗装会社が解説!

外壁塗装をする際に、「塗り替えをするなら少しでも長持ちさせられる塗料が良い」とお考えになられる方は多いのではないでしょうか。

塗装は一軒家に住んでからそう何度も行うものでもないので、塗料で長持ちするのを選ぶのは当然のことでしょう。
しかし、塗装を長持ちさせるためには塗料を選ぶ以外にもあります。
今回は、塗装を長持ちさせるための塗料選びとそれ以外の手段についてお伝えします。

■長持ちする塗料

外壁塗装の塗料には多くの種類があります。
代表的なものを挙げると、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素と言ったたところです。
この中で、最も長持ちするのはフッ素塗料です。

フッ素塗料は高層ビルの塗装にも使われるような、塗料界最強とも言われる耐久性が特徴で、一般的住宅における耐用年数は15〜20年です。
価格もそれ相応に高いことから、家が大きく足場を組むのにお金がかかるというところでよく使われました。

そんなフッ素塗料をも凌ぐ耐用年数とすぐれた機能性で一気に注目を集めたのが、無機塗料です。
無機塗料は、炭素つまり有機物を含まない塗料であるため、カビや藻といった微生物のエサとなるものがなく繁殖しにくい、親水性が高く雨で汚れが自然に落とされると言った特徴があります。
無機塗料だけでは固すぎるため一部有機塗料が使われているため永久的に持つというわけではありませんが、その耐久性は20〜25年が平均です。

しかし、これらの高性能な塗料を選ぼうと思うとお金がかかります。
他にも塗料を長持ちさせる方法はないのでしょうか。

■下地処理で大きな差がつく

外壁塗装で大事なのは塗装の部分だけではありません。
塗装を塗る前の下地の部分が上手く処理できていないと、良い塗料もいくら塗っても機能は発揮できないのです。
特に、先ほど紹介したフッ素塗料は塗装が難しいうえに、その塗り方の影響を受けやすく、下地処理を含めた塗装の技術が効果の出方を決めるのです。
そのため、長持ちさせる塗料を選ぶなら同時にそれを活かすことのできる塗装会社も見極めなければならないということです。

良い塗装会社を選ぶための一つのポイントは、下地処理まで力を入れて行っているかというポイントだと思います。
先ほどお話ししたように塗料を最大限生かすためには、その基礎となる下地の処理が上手くできていないといけません。
その下地処理をおろそかにしていないか、力を入れてできているかどうかが、塗装会社選びには欠かせません。
京大塗装工芸なら、下地処理を入念に行うことで塗膜の状態を保つことができます。

■まとめ

外壁塗装を長持ちさせるためには、良い塗料を選ぶとともに皆さんの家の外壁を理解し、そこにあった施工を行うことも重要です。
外壁塗装会社選びにお悩みの方は、是非塗装会社の施工の技術を確かめた上でご依頼ください。
最新記事
日本の塗料メーカーごとの特徴とは?|京都で外壁塗装するなら
外壁塗装の業者選びの注意点|京都で外壁塗装するなら
塗料の色選びの注意点とは?|京都で外壁塗装するなら
木目の防腐加工に適している塗料は?|京都で外壁塗装するなら
下塗り材はなぜ重要?その種類をご紹介|京都で外壁塗装するなら
塗料の耐候形って何?京都で外壁塗装するなら
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ