京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗装屋ブログ

近況

2015年2月15日塗装屋ブログ /
暇だった1月に施工した弊社屋の外壁は、



ご覧の通りになりました。


本日、日曜日。

現場仕事はお休みでしたが 午前中、3月5日から着工予定の宝塚市のK様邸外壁塗装工事の打ち合わせに伺いました。

午後は 2月23日から着工予定の八幡市のT様邸の外壁塗装工事の打ち合わせに伺いました。

 

現在は 創新工業(株)様の守口営業所の A棟〜E棟の内外塗装工事をさせていただいています。

外壁塗装はもう直ぐ終わり、外部階段塗装に入ります。

内部塗装は A棟〜E棟共 1階ごとに入居者が引越ししてから「解体⇒造作⇒塗装」の流れなので、5月頃まで気長に大工さんの様子を見ながら少しづつ施して行く事になります。

調子の良い話は 鵜呑みにしないでください。

ホームページからお問い合わせ頂いた K様邸の外部塗装の見積りに伺った時の事です。

外壁の現状は「石目調の吹付け」で 一見 巣穴がよく目立ち パターンも疎らで 粗雑感を感じました。

まもなくインターホンを鳴らして お施主様とご挨拶の後、さっそく中に入って案内してもらった壁の状態は、


日当たりが良く 雨風もよく当たる部分の塗膜が、ベロベロに剥離していました。

石目調吹付け前の躯体の状態は「かき落とし」の壁でした。

 

 

 

お施主様の話によると、10年程前に「30年持ちます ! 」と言われて 大金を出して施工されたらしいです。

ところが 1年も経たないうちに何処かがめくれだして、1度は業者が手直しに来たのですが、その後の対応は 電話も通じず、何とか連絡がとれた時には既に 倒産していたそうです。

なので仕方なしに他の業者に部分補修してもらったのが 写真の両上部当たりだそうです。




ここで、一番問題なのは・・・「30年持ちます!」と言っておきながら「倒産」と言う無責任な事態になるところです。

一旦 倒産して 別会社を作っている可能性もあります。

私なら 内心では30年位持つだろうと思ったとしても、何が起こるか判らない中、とても言える年数ではありません。
( ちなみに 私の自宅は30年以上前に 安物の塗装をしてから 塗り替えしていませんが、 今のところ特に問題はありません。)

 

次に問題なのは、「かき落としの壁」に 本来なら重たい「石目調吹き付けタイル? スタッコ? 」を施工したことです。

それを・・・皮肉にも、通常塗膜より薄く・・・。

これなら本来なら重たい石目調吹付けも 軽く済みます。

しかしながら ギッシリ詰まるはずの 石目間 に隙間が空いてしまいます。

加えて、クリヤー仕上げをローラーにて2回程しっかりと被覆しない事には 石目と旧塗膜の間に雨が浸透して、挙句の果てには剥離に繋がります。

現状では クリヤー仕上げをした形跡も無い程 劣化していました。

かき落としのような表面が脆い壁面の場合、通常2液性エポキシシーラー等でしっかりと下地を固めた上に 目止めの下塗りをして、それから各種仕上げ塗装の工程に入るのですが、そう言った 適正な下地処理を施した上での仕上げ塗装ではありませんでした。

要するに 見掛け倒しの手抜き工事だった事が伺えます。

 

世の中、調子の良い話が いろんな方面で氾濫しています。

なので 調子の良い話は 鵜呑みにしないでください。

 

K様から 改修塗装のご依頼をいただきました。

しっかりと「施工ガイド」に載せたい物件だと思っています。

ようやく明るい兆しが見えてきました。

2015年1月16日塗装屋ブログ /

元旦に 石清水八幡宮山頂付近の鳩茶屋前から見た

「初日の出」です。

 

 年始早々「初日の出」を拝めて縁起が良かったのですが、先行き不透明なまま、以前から予定していた自社社屋の「外壁改修塗装」と「内部レイアウト変更・事務所改修作業」をしています。



そんな中、3日程前からバタバタといろんな方面から仕事が決まり、2月〜3月は6〜7割程度まで 受注させていただいています。

近々決まるであろう物件も含めたら、4月〜5月も少し予定が決まりそうです。

場合によっては 受注が厳しい梅雨時も乗り切れるかもしれません。・・・?

・・・有難い事です。

 

「1月・2月消費税額当社負担キャンペーン」は終了いたします。

しかし、日程にまだまだ余裕があります。

急がないけれど「費用対効果の良い仕事」をお望みのお客様 からの見積もりのご依頼をお待ちしております。

「費用対効果の良い仕事」と言う観点で言えば、どこにも負けない!」と自負しています。

本年も宜しくお願い申し上げます。

2015年1月7日塗装屋ブログ /

元日 早朝 〜 石清水八幡宮にて ボーイスカウト綴喜第1団行事 元旦国旗掲揚式 ⇒ 募金活動 ⇒ みたらし団子・甘酒 販売 に参加しました。

毎年恒例、年始の仕事は1月3日 午後5時より 石清水八幡宮初詣車両交通規制に関する看板の一部撤去で始まりました。。



1月5日 八幡市の 朝井歯科医院様 電飾看板電球交換



本日1月7日 創新工業守口営業所のA〜E棟 外壁塗装・内部塗装の下見に行きました。


毎年の事ですが1月は受注も少なく、スローペースです。

その内、忙しくなる事を願いながら ゆっくり・・・。

焦らず・・・ゆっくり・・・



誰か ! ・・・ 仕事をくださーい。

本年も 宜しくお願い申し上げます。

今年も 後僅かで終わります。

2014年12月31日塗装屋ブログ /

毎年恒例の 石清水八幡宮初詣車両交通規制に関する看板の設置を終了し、年内の仕事は全て完了致しました。

12月は毎年の事ながら 忙しく仕事をさせていただきました。

今年も あと数時間で無事終わろうとしています。

弊社に御注文をいただいた皆様方、各材料店様、協力会社様、職人達、息子達、今年一年お世話になりました。

来年も宜しくお願い申し上げます。

「上塗り塗料の善し悪し」について

何かと気忙しくて このコーナーへの投稿が出来ずにいました。

一発目の投稿は、私の考える「 外壁・屋根塗装での上塗りの善し悪し 」についてです。

 

① グレードの高い塗料が 必ずしも良いとは限らない。

グレードの高い塗料といえば 先ず「フッソ」を思い浮かべます・・・。

外壁・屋根塗装での「上塗り2回塗り」と言う表現は 文字通り 同じ塗料を2回塗ると言う事です。

例えば 1回塗りが30μmの膜厚の場合、2回塗りなら60μmの膜厚になります。

ところが多くのフッソの場合、「フッソ中塗り・フッソ上塗り」と言う表現になります。・・・何故か?

フッソ系塗料は一般的に重ね塗りでの密着が悪いので、実は1回目の塗料は「フッソ」では無く「ウレタン系」のものが多いです。

(全てのフッソ塗料に当てはまるわけではありませんが。・・・ポイントがズレた話が長くなるので 中省略)

・・・と言う事は、フッソ塗膜は60μmでは無くて 2回目に塗った30μmと言う事になります。

・・・2回目の塗装に もし塗り残しがあった場合は、その部分は「フッソ塗膜が無し」と言う事になります・・・。

・・・材料代が極端に高くなる「フッソ」でなくとも、、素地調整・下塗り工程をしっかりと施して シリコンクラスの塗料をしっかりと2回上塗りして膜厚を付ければ、それなりに長持ちするものです。

・・・ちなみに私の自宅は30数年前に「溶剤型アクリル」で塗替えをしています。

昨今のような良い塗料ではなく、当時はアクリルが主流だったと思います。

チョーキングの白い粉は出ているものの、幸い 地震のクラック等も見当たらずに  長期間もっていると言えはもっています。

 

②「ミラクル塗料」の性能を 鵜呑みにしないこと。

近年、色々な「ミラクル塗料」とも言える塗料が出回っています。

こう言った商品のアピール度は 非常に高く カタログ等を見ていても 「ほんまかいな!?」 と疑ってしまいます。

同業種のHPを見ていると 結構派手に絶賛しているものも見かけますが、残念ながら 私共はそう言った塗料は一切取り扱っていません。

そのワケは 多くの商品に共通する事として、塗装した当初はその特徴が発揮されて良さそうなのですが、謳っている性能の持続性に問題がありそうだという事です。

 

「100年ペイント・・・」・・・塗装した当初は過剰な程の弾力性があったとしても その持続性はいつまでなのでしょうか?

素人感覚では一見 100年持ちそうな表現が紛らわしく、一層の事「千年ペイント」の方が、「突き抜けた感」があって誇大広告と錯覚しにくいと思うのですが・・・。

 

「30年メンテナンス不要ペイント・・・」・・・地震等による躯体クラックに対応出来るのでしょうか?

・・・これは どんな塗料でも無理です。

フッ素を超える高耐久・・・が 仮に本当だとしても 躯体劣化は塗膜表面以外にも様々な方向から発生します。

なので「30年持つ塗装」と言う言葉を鵜呑みにしても不可抗力な要因から補修を余儀なくされそうです。

工事費は決して安くはないはずです。

そんなリスキーな中、たかが薄っぺらな塗膜に全てをかけるのは荷が重すぎます。

 

「遮熱・断熱塗料 G・・」・・・初めの内は効果が良いらしいのですが その持続性はどうなのでしょうか?

・・・噂では直ぐにカビが生えて汚染するそうですが・・・。

加えて  「下塗りは大手メーカーのモノを御使用ください。」 ・ ・ ・ 私に言わせれば、肝心なところは他社品任せでは  有事の際、責任の所在がハッキリしません。

工事費は決して安くはないはずです。

 

「光触媒」・・・良いものなら大手の塗料会社が  開発・売り込みと言う事で  黙ってはいませんが、・・・黙っているのは  メーカーとして「誹謗中傷」が出来ない事と、「効果がない」の2点が主な理由らしいです。




上記の商品は 決して安くはありません。

「費用対効果の良い施工」を謳っている私共としては、地味でも確実性の高い施工を心掛けていきたいと思っています。

そんな事で、弊社では 塗料業界で昔から名前の通ったメーカーの中から、水性塗料・弱溶剤塗料  共に「シリコンレベルの中で比較的樹脂分の多い塗料」をよく使用しています。

今夜は 徹夜の仕事です。

2014年12月21日塗装屋ブログ /

今夜は いつもお世話になっている 八幡市の「八幡ゴルフ」様 打球ステージテント張替え工事に伺います。

高さ9mの位置で 間口72.0m×1.6mのテントを張り替えます。・・・考えただけで ぞォーっ」とします。

作業工程は、①ローリングタワー組立 ⇒ ②既存テント撤去 ⇒ ③鉄骨塗装 ⇒ ④テント張り ⇒ ⑤ローリングタワー解体

閉店時間は22時。・・・なので少し前からスタンバイして、終了予定は 翌午前中が目処です。

資材の準備は万端・・・。

野本テント商会5人 + 弊社5人・・・。 

怪我なく無事に終えればよいのですが・・・。

 

今から3時間ほど寝ます。

最新記事
向日市N様邸宅
父母還暦祝い。
初投稿!次男の誠司です
施工ガイドに「工場・倉庫外壁塗装」を更新しました。
久しぶりの休日です。
赤ちゃんにとって 良くないかも・・・。
アーカイブ
2019年7月
2019年6月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年7月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年8月
2017年4月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他