京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗り替えワンポイントメモ

外壁塗装における下塗り材の重要性とその種類とは?京都の外壁塗装会社が解説!

外壁塗装で使う、下塗り材というものをご存知でしょうか?
塗装を行う際には、一般的に知られているような塗料を塗る前に下塗り材を塗らなければいけません。
今回は、下塗り材をなぜ塗る必要があるのかという理由と下塗り材の種類について、お伝えしていきます。

■下塗り材の種類と役割

下塗り材は、外壁塗装の際に塗料と壁の間に挟まれるものの総称を指し、シーラー、プライマー、フィラーと3つに分かれています。
どれも下塗り材には該当するのですが、少しずつ用途が違っています。

まず、シーラーとプライマーですがこれはほとんど同じです。
水性のもので薄く塗る場合にはシーラー、溶剤のもので厚く塗る場合はプライマーと言われたりしますが、役割はほぼ同じでその後に塗る中塗り・上塗りの密着性を高めることです。

外壁を雨や太陽光から守るための一般的に塗料と呼ばれる上塗り材には、密着性はなくそれ自体では壁に引っ付きません。
また、壁がひび割れている部分は上手く隙間を埋めてから塗装をしないと、外壁塗装の意味がなくなってしまうので、下塗り材がそこを保護しているのです。

シーラーやプライマーは上塗り材が壁に吸い込まれるのを防ぐ役割も果たしています。
劣化した壁や壁のひび割れ部分は塗料を塗ると油分や水分を吸い込んでしまう性質があり、塗料を塗ってもすぐに剥げていってしまうのです。
ひび割れがひどい場合には溶剤のプライマー、そうでない場合は水性のシーラーを使って十分壁に液体を吸わせ、下塗り材は上塗り材が密着しやすい準備をしています。

■下塗り材が塗装を決める

下塗り材が上塗り材の「のり」を決めるように、下塗り材は外壁塗装には欠かせません。
先ほど紹介した下塗り材の3つ目のフィラーは、モルタル壁のクラック(ひび割れ)を埋め表面をならすのに使われる下塗り材です。
砂骨ローラーという、ウレタンローラーよりもスポンジの分厚いローラーを塗って丁寧に表面をならしていかなければならず、知識と技術が必要です。

このように、外壁塗装は上塗りの塗料だけがその良し悪しを決めるのではなく、正しい下塗り材を塗ることや下塗り材の扱い方によっても大きく出来栄えが変わります。

弊社、京大塗装工芸では、下塗り材選びだけでなく、下塗り材と上塗り材の相性、下塗り材の塗り方の部分にこだわって施工を行っています。
お客様に安全で耐久力のある建物に住んで欲しいと思うからこそ、こういった細かい部分での取り組みにも努めています。
一生に一回のことかもしれない大事なマイホームの外壁塗装は、是非弊社までお任せください。
最新記事
長持ちする塗料の種類と裏技をご紹介|京都で外壁塗装をお考えの方へ
木目を腐らせない防腐性を高める塗装処理を解説|京都で外壁塗装
日本の塗料メーカー別の特徴をご紹介!|京都で外壁塗装
塗装の下塗り材の種類とその重要性を徹底解説!|京都で外壁塗装
塗装業者選びにおける注意点|京都で外壁塗装をお考えの方へ
耐侯形の塗料とは一体なに?|京都で外壁塗装をお考えの方へ
アーカイブ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2016年12月
2015年11月
2015年2月
2014年12月
2014年9月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ