京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗装屋ブログ

24. 弊社の 5年保証について

2012年6月14日任せて安心施工ガイド /

『施工ガイド』に載せる内容かどうか疑問ですが、「過去のブログ」として下に追いやられること無くご覧いただけるように、あえてココに載せさせていただきます。

最近、ある知り合いから「お客さんからすれば 10年保証を謳っている業者がある中、5年保証は 短いのではないか?」などと言われたことがあります。

確かに、『アクリルは3年 ・ ウレタンは5年 ・ シリコンは7年 ・ フッソは10年』
みたいな感じで 「保証書を出します。」と言う業者があるようです。

どうやら 保証書を発行している業者の中では、弊社の『5年保証』は 短い部類のようです。

中には、『30年もつ塗装』を謳っているところもあります。(はっきり言いますが、騙されないでください。)
これを 私に置き換えれば、おそらく30年後には 私はこの世にはいないでしょう。・・・

文脈として上手く弊社の「5年保証」の根拠を書く自信が無いので、下記の箇条書きにて ご理解いただけたらと思います。

・一般的には、メーカーの塗膜性能の保証は最長5年である。

・シリコン、フッソなど 高品質塗料の耐侯形1種の基準は「5年後に光沢保持率80%以上」である。

・シリコン、フッソを 真面目に取り扱った場合、5年は楽勝である。

・だからと言って、メーカーの保証の範囲を超えるような保証をすることは、『本末転倒』の様な気がする。

・5年は長い。・・・いくら塗膜性能がもっても、下地処理がええ加減なら 『糠に釘』 である。

・だから、5年以上もたす為に ええ加減な仕事はできない。

・下地処理から一切の手抜きをせずに 『良い仕事』 をすれば、5年は楽勝である。

・メーカーが5年と言っているのに10年などと謳うこと自体が、その場凌ぎの受注を得る為の武器に過ぎないとも思える。

・多分、クレームに対する 統計的な皮算用が、10年という冒険を『良し』とさせているのだと思う。

・私は、10年後に補修するだけの予算は 見積りに計上していない。

・私は、10年後には 今程、現場仕事はできないし、その事を無責任に 後継者に任せるような事はしたくない。

・北半球に位置する日本では、南と西の傷みが多い。
一方 年中日陰の北や、隣と接近している壁はコケ・カビが生えやすい。
そんな多種多様な立地条件や環境の中、10年保証は自分の首を絞めているようなものである。

・10年・15年の保証書が目的ならば、よその業者に注文すればよい。
(但し、例えば「ひび割れは天変地異によるものだ」と言う事で 結局 足場費用・クラック補修などの項目で 別途費用が掛かる事も想定する必要があります。)

・保証は5年だけれど、10年以上もつ塗装が目的ならば、弊社に注文すればよい。

 

・・・てなことで、・・・5年保証。です。

梅雨入り 間近です。

2012年6月8日塗装屋ブログ /

5月から6月上旬にかけて

・KN建設様 倉庫改修塗装。
カツシロマテックス様銘板製作、外構塗装
パナソニック電工建装照明様床塗装
パナソニック電工建装照明京都工場様外壁目地補修
・宇治市O様邸の 外壁・屋根塗装
・創新工業様江端店 内部改修塗装その1、その2
・橋本質店様 看板改修
・武本工務店様 新築塗装その1
・サンてらす様 自動車カッティングシート文字
等の施工をさせていただきました。

今現在は 八幡市K様邸 外壁・屋根塗装をさせていただいています。
本日、外壁と屋根塗装は終わり、付帯塗装を残すのみとなりましたが、明日から梅雨入りとか言っています。

現場仕事が大事なのですが、声のかかっている現場の下見や見積りも とても大事です。

明日から数日間は 現場の下見と 見積りに専念したいと思っています。

『施工ガイド』 に 搔き落しの壁(写真なし) を追記しました。

2012年5月27日塗装屋ブログ /

当ホームページでの 『施工ガイド』 の内容のほとんどは 施工させていただいた内容をご紹介するものです。

面倒な 写真の取り込み等で 載せたい物件が貯まってしまっている中、 『一般スキル』 の内容も 載せていこうと思っています。

当ホームページ開設にあたって、当初から出来るだけ多方面に 『安心施工』の観点で ご紹介しているつもりなのですが、『たかがペンキ塗り』 とは言っても やはり 『されどペンキ塗り』 です。

お客様からすれば、理解しにくい部分も 多々あるように思います。

ホームページのどこかで 触れているような内容でも、事あるごとに 必要に応じて更に詳細なご紹介として 載せていこうと思います。

23. 外壁が 『搔き落し』 の場合の注意点 (写真なし)・・・大阪府枚方市

2012年5月25日任せて安心施工ガイド /

外壁が 『搔き落し』 の場合の 塗装に関する注意点をご紹介します。

時々 古い家で 外壁が 『搔き落し』 のお客様からの お問い合せや 見積依頼があります。
その度に 相見積の 他の塗装業者の 『下地処理』 の曖昧さを感じています。

そんな中 つい先日も 「外壁塗装・・・」 等で 検索したら、上位に来るような業者で 何とも曖昧な認識の業者が 結構存在する事を知りました。

なので この際、お客様の為に ごくシンプルな話ですが、間違いのない下地処理の考え方をご紹介します。
(ここから先は 業者さんはご遠慮ください。・・・あなたのスキルアップ向上の為に書いたものではありません。・・・?  フツーは見るやろー )

① 搔き落しの壁への 高圧水洗は?
あまりお薦め出来ません。

劣化具合により 程度がまちまちですが、一般的な他の外壁面より非常に含水率が高くなります。
北壁で 万年日が当たらずに苔が生えているような壁は、中・低圧水洗にてブラシを併用して 必要以上に含水させないような洗浄が良いです。
あまりにもポロポロ落ちる場合は、程度をわきまえたケレン及び 中・低圧水洗が必要です。

ポイントは 水洗を余儀なくする場合は、その後に十分な乾燥時間を空ける事で、その時間は方位・立地条件により異なります。
もう一つのポイントは 『必ず高圧水洗をしないと手抜き工事』 と思っているお客様に対するご理解を得る事かも知れません。

屋根の場合は 外壁に比べて紫外線・風雨にさらされて かなり過酷な状況下にあります。
屋根材の種類に応じて、『高・中・低圧水洗』 あるいは 足場がなくて周囲に飛散防止の養生が出来ない場合は 『ホース片手に デッキブラシ・研磨材にて水洗い』 等と 必ずと言ってよい程 水洗の必要があります。

時には 『旧塗膜全面剥離』 のケースも少なくありません。
なぜなら、数年前に塗装した膜が密着不良で 撤去せざるを得ない状況になることが、外壁に比べて屋根のほうが圧倒的に多いという事です。

外壁の場合、旧塗膜のチョーキングを出来るだけ少なくする事、壁面の凹凸に入った埃汚れを落とす事により、下塗り材の効果を十分発揮させる目的のために水洗いをします。
なので 素地調整は絶対必要なのですが、その方法としては、高圧水洗オンリーワンではありません。

② 搔き落しの壁に 最初に塗るべき塗料は?
『フィラー』 でも 『サーフェーサー』 でもありません。

『シーラー』 です。
結果的には 『フィラー』 でも問題ない場合もあるでしょう。
しかし、結果は10年後に剥離しなかった場合に 初めて判るものです。
・・・ ある意味、『賭け』 のようなものです。

私は 安全を優先して、先ず 脆い下地を ガッチリ固めるために 『エポキシシーラー』 又は 『カチオンシーラー』 を一番最初に下塗りします。
その次に、目止めとして 『アンダーフィラー』 や 『微弾性サーフェーサー』 を 仕上げ塗材の種類に応じて使い分けて 中塗りとします。
『複層高弾性仕上げ』 の場合は 上記の段階は まだ 下塗り2回目の位置づけとなります。

ポイントは 虚弱な下地を固める目的と、巣穴を埋める目的を 分けると言う事です。

私の受ける印象では 上辺だけの塗装業者が沢山存在しています。 ・・・すべての業者とは言いませんが・・・。

やけに 高圧水洗に拘り、そのくせ乾燥時間に拘りなく、シーラーを塗らずして いきなり目止め塗料を塗ろうとするような認識は間違いです。

遠い将来、後悔しないためにも 最低でも この位の事は認識している業者に発注しましょう。

宇治市のO様邸 外壁・屋根塗装

2012年5月11日塗装屋ブログ /

5月10日(昨日)から 宇治市のO様邸の外壁・屋根塗装に入りました。

昨日は 仮設足場設置と 外壁サイディングボードの部分的な突起部の修復作業。

本日は 外周メッシュシート張りと 目地 ・ 入り隅 ・ 建具回りのコーキング等を施工しました。

明日はセメント瓦屋根・サイディング外壁の高圧水洗を行います。

来週から塗装に入ります。

屋根・外壁・付帯塗装共、全てシリコン仕様で施工しますが 詳しい内容は『施工ガイド』に載せたいと思っています。
・・・少し先になると思いますが・・

 

ところで ココのご主人。・・・土木設計屋さんなのですが 非常にユニークな方で、何かと口うるさいけど 素朴で、緻密で、よく気の利きそうなオッチャンです。

・・・このご主人を黙らせるような 良い仕事をしようと思っています。

そして、私のブログをしょっちゅう見て下さっている奥様。

オッチャンを陰で支えているような奥様です。

『ここに注文して良かった。』 と思っていただける様な 仕事をさせていただきます。

最新記事
お盆休み
いろんな事がありました。
久しぶりの投稿です。
50. モニエル屋根・サイディング外壁塗装・・・宇治市
高所作業車を買い換えました。
49. O様邸 外壁・屋根塗装・・・京都府八幡市
アーカイブ
2017年8月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ