京都・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁塗装、屋根塗装は京大塗装工芸にご相談ください。

塗装屋ブログ

豊園住宅の塗装も あと少し。。

2013年8月7日塗装屋ブログ /

5月27日から施工させていただいている 八幡市の森口新住宅様所有の豊園住宅外壁・屋根塗装工事も

・・・あと少し。

まだもう少し残っていますが、関係各位に 感謝の気持ちを書かせていただきます。

 

・暑い中、いろいろとご不便をおかけした19世帯の入居者の皆様、快いご協力に心から感謝申し上げます。

・暑い中、汗まみれで黙々と塗装作業をしてくれた職人達と息子達、お疲れさん・・・。 ありがとう。

・暑い中、いつも笑顔で 淡々と足場作業をしてくれた 『エムズ』の若者たち、ご苦労様でした。

・毎年なら暇なこの時期に 発注していただいた森口様・・・。 誠に有難うございました。

35. 鉄筋コンクリート2階建て改修塗装・・・京都府八幡市

2013年8月1日任せて安心施工ガイド /

京都府八幡市のI 様邸 改修塗装の様子をご紹介します。

I様は大阪市から八幡市に引っ越される予定で八幡市橋本で中古物件を購入されました。

当ホームページをご覧になって、外壁塗装 ・ 屋上防水 等の改修工事のご注文をいただきました。


上の写真は2階ベランダ下のパラペット部です。

既存の吹付けタイル塗膜が、クラックから水が廻って剥離していました。

改修工程として まずクラック部Vカット

⇒ ウレタンシーリング

⇒ ポリマー樹脂プライマー下塗り(薄付用)

⇒ ポリマー樹脂モルタルにて不陸調整塗り(厚付用)

⇒ カチオンシーラー下塗り

⇒ マスチックローラーにて波型パターン中塗りを2回塗りました(白色)。 ・ ・ ・


 

更にこの上から シリコン上塗りを2回塗りします。


 

ベランダの鋼製手摺の桟や根元が10か所ほど腐食していたので、腐食部分をカットして溶接補修をしました。

右写真は 補修後に錆止め塗装を施した様子です。


 

外壁塗装は 費用対効果の点でお勧めの 微弾性サーフ波型パターン下塗り + 水性シリコントップ2回塗り。

雨樋・雨戸等の付帯塗装は 弱溶剤シリコントップ2回塗り。

鉄部塗装は 錆部分エポキシ錆止め1回・全面錆止め1回・弱溶剤シリコントップ2回塗りです。


 

屋上は 一部の既存防水塗膜がウレタンで、浮部分が多かったのでシート防水を施しました。

左写真は ポリマーセメントプライマー扱き塗りの様子です。

右写真は シート防水層です。


 

I様は緑が好きなので、屋上もパラペットも緑色を選ばれました。

付帯部分は 一般的な茶色ではなくて 赤茶色を選ばれました。

地元という事で 施工後も何度も通る機会があります。

正直申し上げて 仕上がった当初は少し違和感を持ちましたが、

今では 個性的な好感をもって拝見させていただいています。

その後 他の業者さんで外構・庭などを綺麗にされましたので、トータルで本当に良い家になりました。

I様、有難うございました。

34. 集合住宅の 外壁 ・ 屋根塗装・・・京都府八幡市

2013年8月1日任せて安心施工ガイド /
京都府八幡市 森口新住宅様所有の豊園住宅の外壁・屋根塗装の様子をご紹介します。



木造2階建の建物で 1戸がゆったりとした間取りの3DKです。

・2戸で1棟×7棟
・1戸で1棟×2棟
・3戸で1棟×1棟 の合計10棟の外壁・屋根・付帯塗装をさせていただきました。

工期は10棟合わせて約70日間と ほぼ1棟1週間のペースで施工いたしました。



 

屋根はカラーベストで スパイラルノズルを付けての高圧水洗で、数年前に他業者が塗装した「密着不良の旧塗膜」が簡単に剥離できました。

お陰で捲れた塗膜ゴミの掃除が結構大変でした。

いつもの事ですが、写真でお判りのように高圧で水洗した水が屋根材の隙間から入らないように噴水角度に注意しながら洗っていきます。

右の写真は 乾燥後 エポキシシーラーを下塗りしています。・・・浸み込むイメージで たっぷり塗ります。


 

シーラー塗装後 屋根材の重なり部分に隙間が少ない箇所に 縁切り材タスペーサーを挿入していきます。

この上に 上塗り塗料を2回塗布した際に、塗膜による隙間の詰まりを予防する役割があります。

そして上塗り1回目の写真が右です。

使用塗料はエスケー化研のクールタイトSi(セピアブラウン)・・・弱溶剤形2液性遮熱シリコンです。
・・・屋根はよほど躯体の条件が悪くない限り 密着性と耐候性を考慮して 出来るだけ『弱溶剤形2液性』の物を使っています。

この時 重なり部分には あえて塗料が付かない様に それでいてたっぷりと丁寧に塗ります。

ローラーでたっぷりと重なり部分も塗装すると いくらタスペーサーで隙間をあけても塗料が詰まってしまいます。

なので重なり部分は ローラー塗装1回目が乾燥後 毛の硬いラスター刷毛で屋根材の隙間の確保を確認しながら丁寧に塗ります。



最後にローラー塗装2回目もタップリ且、重なり部分に詰まらないように 丁寧に仕上げます。

タスペーサーは縁切り補助材であって 万能ではありません。

(時々 タスペサー挿入後、水を得た魚のように派手な塗り方でデモしている記事や画像を見かけますが、それは間違いだと思います。)

屋根は『たっぷりと慎重に・・・』が私のやり方です。



外壁は既存塗膜がスタッコです。

旧塗膜は割としっかりしていたので、高圧水洗しても大丈夫と判断しました。

(時々 脆いスタッコに出会うことがあります。
私の場合、脆くて吸い込みが大きい場合は高圧水洗はしないで エポキシシーラー・カチオンシーラー等で塗膜の吸い込み止めと固着を第一目的とします。
次に 尚 含水した場合に備えて、透湿性の良いアンダーサーフDSを下塗りします。
・・・私流の石橋を叩いたやり方です。)

スタッコは凹凸が大きくて その分汚れも付着しやすく、高圧水洗もやりがいがありました。


 

前記したように 塗膜がしっかりしていたので、透湿性重視のアンダーサーフではなく、防水性重視のソフトサーフを下塗りしました。

左写真・・・中長毛(20mm)ウールローラーにてたっぷり付けていきます。

凹凸が大きいので たっぷり覆いかぶせるように塗ると 0.9kg/m2の塗布量になりました。これで防水性ばっちりです。

右写真・・・上塗りはエスケー化研の 水性セラミシリコン(SR―132/SR―174)の2色分けで、いずれも2回塗りです。

建具や付帯物が白が多いので お施主様はあえて薄茶色をメイン色に選ばれました。


 

左写真・・・上塗り2回目です。

この上塗りも壁面の凹凸が大きいために 2回塗りで標準塗布量の約1.5倍相当の0.45kg/m2 使用しました。

付帯塗装は 全て弱溶剤形シリコン2回塗りです。

 

偶然 例年より早い梅雨入りから始まった 豊園住宅外部塗装・・・。

暑い時期での塗装工事で、入居者の皆様には何かとご不便をおかけしました。

天候の都合等で足場掛け払いの日程が微妙に変わる中、尽力いただいた足場屋さん、ご苦労様でした。

暑い中、黙々と仕事をこなしてくれた 職人達と息子達、お疲れさん。

例年なら暇な時が多いこの時期に 発注していただいた森口様、誠にありがとうございました。

33. カラーベスト屋根塗装・パワーボード外壁塗装・・・京都府宇治市

2013年8月1日任せて安心施工ガイド /
京都府宇治市のI 様邸 外部塗装の様子をご紹介します。



屋根はカラーベストで、外壁はパワーボードの上に 既存塗膜は吹付けリシンです。

屋根のカラーベストは未塗装で かなり表面劣化が進んでいたので、塗装のやりがいを感じながら施工させていただきました。

 

外壁のリシンはしっかりしていたので、しっかりと高圧水洗をして 防水重視の施工をさせていただきました。


 

屋根は 高圧水洗を十分に施して、吸い込みの多いこの屋根にはエポキシシーラーを2回下塗しました。(写真左)

そして、上塗り工程に入る前に 毎度お馴染みの屋根縁切り材(タスペーサー) を重なり部分の隙間が無い箇所に挿入していきます。(写真はありませんが…)

隙間が詰まってしまうと 雨水の抜け道が無くなり屋根材の裏側でオーバーフローとなり天井への漏水の原因となります。

なので 縁切りはとても重要で、上塗り塗料をこの上に2回塗布した際に、塗膜による隙間の詰まりを予防する役割があります。

上塗り使用塗料はエスケー化研のクールタイトSi ・・・弱溶剤形2液性遮熱シリコンです。

・・・屋根はよほど躯体の条件が悪くない限り 出来るだけ『弱溶剤形2液性』の物を使っています。

この時 重なり部分には あえて塗料が付かない様に それでいてたっぷりと丁寧に塗ります。

ローラーでたっぷりと重なり部分も塗装すると いくらタスペーサーで隙間をあけても塗料が詰まってしまいます。

なので重なり部分は ローラー塗装1回目が乾燥後 毛の硬いラスター刷毛で屋根材の隙間の確保を確認しながら丁寧に塗ります。

そして上塗り2回目の写真が右上です。



外壁は 既存塗膜のリシンがしっかりしていたので 前記の通り 防水重視の仕様で施工いたしました。

使用材料は

下塗塗料は エスケー化研の水性ソフトサーフSGで、微弾性で防水性の高い下塗材です。

上写真の白い部分がしたぬりの状態です。

写真にはありませんが、目地部分にはしっかりと『ノンブリードウレタンコーキング』を施しました。

塗装後に塗膜表面に意味不明のニジミをよく見かけると思いますが、『ノンブリードウレタンコーキング』は低汚染型のシーリング材なので塗装後の可塑剤によるニジミ汚れが発生しません。

 

上塗り塗料は エスケー化研の水性セラミシリコンで、費用対効果の非常に優れた 耐候形1種相当の塗料です。

これをタップリと標準塗布量をキープして2回塗りします。


外構塀も 既存塗膜がリシンでしたが、こちらは膨れや剥離が目立っていました。

なので、入念な剥離作業の後、ポリマー樹脂モルタル等による不陸調整を施した後に

リシンパターンの吹き戻し ⇒ ローラーリシン仕上げとしました。


弊社の施工パターンとしては最も多く、『費用対効果』と言う点で お勧めのパターンです。・・・十分な耐候性です。

より高価な仕様は他にも沢山ありますが、

・直接雨風・紫外線が降り注ぐ屋根は、見えない所だけれど 意識的にグレードの高いものを・・・。
・庇があって 経年劣化状況を観察した上で、必要以上のグレードはお勧めしない。

『下地重視・費用対効果重視』「良い仕事」を心掛けています。

豊園住宅の塗装も 終盤を迎えました。

2013年7月29日塗装屋ブログ /

5月27日から施工させていただいている 八幡市の森口新住宅様所有の豊園住宅外壁・屋根塗装工事も合計10棟の内 残り1棟と B棟付帯倉庫のみとなりました。

最後の1棟は大きい事と 倉庫も結構手間がかかると思いますが、何とかお盆前には終わりそうです。

着工と当時に 例年より早い梅雨入りという事で 一時はどうなる事かと心配しましたが、トータルで雨は少なかったように思います。

まだまだこれからが 夏本番

暑さがより一層厳しくなるなると思いますが、熱中症には十分注意して安全第一で 頑張ってまいります。

皆様、・・・暑中お見舞い申し上げます。

最新記事
とうとう 娘が結婚しました。
おかげさまで、年内は一杯になりました。
51. O様邸 外部塗装・・・京都市伏見区
お盆休み
いろんな事がありました。
久しぶりの投稿です。
アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
カテゴリー
塗装屋ブログ
任せて安心施工ガイド
塗り替えワンポイントメモ

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ